第20回和歌山救急・災害医療研究会

第20回和歌山救急・災害医療研究会下記の通り研究会を開催しますので、ご案内申し上げます。
救急・集中治療・災害医療の領域で、医師・看護師・救急救命士・臨床工学士など多職種の皆さまの演題応募をお待ちしております。

●日程

2019年10月19日(土) 9時30分~16時30分

●参加費

1,000円(当日受付)

●内容

1.一般演題(公募)

2.ランチョンセミナー
 演題:『暑熱順化と熱中症対策』

 講師:大阪市立大学 大学医学研究科 運動環境生理学 教授
    大阪市立大学 健康科学イノベーションセンター 所長 岡崎 和伸 先生

3.特別講演
 演題:『災害時にメディアができること
                         ~的確な医療情報の発信を目指して~』

 講師: MBS ドキュメンタリー報道部 橋本 佐与子 先生

●会場

和歌山県立情報交流センター「Big U」

〒646-0011 和歌山県田辺市新庄町3353-9

●演題募集要項

《演題応募方法》
Microsoft Word形式(2003以降)の抄録原稿テンプレートを下記「抄録原稿作成要領」よりダウンロードの上、抄録を作成いただき演題応募専用のE-mailまで添付ファイルにて事務局宛に送信ください。

《演題応募メール送信内容》
宛先:smmc@hsp.shingu.wakayama.jp
メール件名:第20回 和歌山救急・災害医療研究会演題応募
メール本文:
(1) 筆頭発表者氏名
(2) 連絡先(〒/住所/所属/TEL/FAX/E-mail)
添付ファイル:作成頂いた抄録原稿

《抄録原稿作成要領》
下記の抄録原稿テンプレートをダウンロードしてください。テンプレートは印刷サイズがA4となっていますが、入力可能枠はB5:1/2サイズに設定しています。 書式を変えずにそのまま枠内に収めていただくようお願いいたします。
テンプレートは、ご利用の端末に一度保存してから、ご記入ください。

 >> 抄録原稿テンプレートダウンロード

1.「演題名」、「所属機関名」、「発表者名」、「抄録本文」の順で入力してください。
2.「演題名」は全角50文字以内としてください。
3.「筆頭演者名」の前には「○」を付け、後にはふりがなを記入してください。
4.「抄録本文」の文字数は全角で400文字以内として、1演題B5:1/2枠内に収めてください。
 本文の文字はMS明朝体フォントで10.5ポイントとしてください。
 所属機関名、発表者名、抄録本文の合計は全角500文字以内としてください。
 抄録に関しては、誤字・脱字・変換ミスを含め、事務局での校正・訂正は一切行いませんので、十分ご確認をお願いします。

《演題受領通知》
演題申し込み後、1週間を経過しても受領メールがお手元に届かない場合は、未送信やアドレス間違い等の可能性がございます。必ず下記の連絡先まで登録の有無をご確認ください。

《発表形式》
全てPCでの口演発表をお願いいたします。
発表時に使用するスライドデータは、Microsoft OfficeのPower Point 2003以上で作成したものに限らせていただきます。
なお、他の機種(Mac等)または、動画等をご使用の場合は、ご自分のPCのご持参をお願いすることになりますので、ご協力ください。
発表時に使用するスライドデータは、10月9日(水)までに
演題応募専用E-mail(smmc@hsp.shingu.wakayama.jp)まで添付ファイルにて事務局宛に送信ください。

(当日のUSBご持参も対応可能ですが、準備の関係上できるだけ事前送付をお願いいたします。)

《個人情報保護について》
演題募集にて収集させていただきました「氏名」「連絡先」「Eメールアドレス」は事務局からの問い合わせや採否通知のみに利用いたします。
また、「氏名」「所属」「演題名」「抄録本文」はホームページおよびプログラム・抄録集に掲載することを目的として利用いたします。本目的以外には使用することはございません。学会終了後は一切の情報が外部に漏れないよう管理を徹底いたします。

《応募締切》
令和元年8月23日 (金) 正午

●お問い合わせ先

新宮市立医療センター 第20回和歌山救急・災害医療研究会事務局
〒647-0072 和歌山県新宮市蜂伏18-7
TEL:0735-31-3333/FAX:0735-31-3337
E-mail:smmc@hsp.shingu.wakayama.jp

  • 休診・代診のお知らせ
  • 外来担当表
  • 医師募集
  • 臨床研修医募集
  • 職員募集
  • 看護部について
  • 新宮呼吸サポートチーム
このページの上へ