遠隔医療設備の導入について

当センターでは、国における「地域医療の充実のための遠隔医療補助事業」を受け、遠隔医療設備の一つである遠隔病理診断装置(テレパソロジー)を導入しています。

テレパソロジーとは、和歌山県立医科大学附属病院の協力を得て、当医療センターとの間をインターネットで結ぶ顕微鏡画像伝送システムで、患者さんの臓器組織(標本)をセットすれば大学側から顕微鏡の遠隔操作により診断し、複数の病理専門医師(病理医)の意見や高度な病理診断を得ることができます。

このシステムの導入により、当センターでの病理医が不在の場合や、より専門的な診断が必要となった場合においても手術中の迅速診断ができ、より精密な手術、より縮小した切除が可能となります。

このように遠隔病理診断装置は、地域の不便さを解消し、迅速・適正な手術を行う非常に有用なシステムであり、より一層地域医療に貢献できるものと考えております。

telepathology02.jpg

3.jpg

  • 休診・代診のお知らせ
  • 外来担当表
  • 医師募集
  • 臨床研修医募集
  • 職員募集
  • 看護部について
  • 新宮呼吸サポートチーム
このページの上へ