新宮市立医療センター

新型コロナウイルスに関する院長メッセージ

新宮市民の皆さまへのご報告とお願い

新型コロナ感染症は和歌山県下では2021年に入り、良くコントロールされ、収束方向へ向かっているようでありましたが、2021年7月下旬から、新たな感染者が増加し、新宮保健所管内でも患者が発生しております。多くが他圏域由来の患者から濃厚接触者として発症し、その周囲に小規模のクラスター、あるいは家族内感染しております。
新宮市立医療センターはPCR検査、簡易PCR検査機器を設置し、有症状・無症状の濃厚接触者および緊急入院を要する発熱患者に対し、感染者を判定できる体制がとれています。

なお、当院の感染者収容病床は20床から現在32床まで増床し、新宮保健所管内で発生した患者は有症状・無症状に関わらず、当院での入院対応となります。

患者が重症化するかどうかの判断は、毎日の病状観察、酸素飽和度、胸部CT検査、血液検査等で行われ、コロナ感染病床では医師・専従の看護師が診療に当たっています。新宮市立医療センターでは、重症に陥る前に、レムデシビル(ベクルリー)、デキサメタゾン、バリシチニブ(オルミエント)、抗体カクテル(ロナプリーブ)<※括弧内は製品名>などを早期に使用する方針です。重症者にはECMO、呼吸器装着治療する準備はありますが、マンパワーに限りがあり、田辺市、和歌山市の専門病院へ転送する状況であります。幸い、患者さんの症状は軽症、無症状が多く、重症になられた方はおりません。病状が安定し、PCR検査陰性化、入院7日を目安として、退院できています。

新宮市立医療センターではコロナ感染患者だけでなく、通常の傷病患者かつ救急患者に対する診療を続けなければなりません。日々の感染者が軽症で6人程度までであれば、新宮医療センターの検査体制、入院体制で持ちこたえられると考えます。これが毎日10人以上、重症者、あるいは認知症、透析、脳血管障害後遺症等を合併する患者となるとたちまち、入院体制の維持が困難となります。

そうなる前に、
①皆様には、新型コロナワクチン接種を可能な限り多数の方に受けて頂きたいと考えます。
ワクチン接種で重症に陥ることはごく稀であり、死亡者はほぼ無くすことができると報告があります。しかしワクチン接種の後も新型コロナ感染はおこり、無症状~軽症で感染したことがわかりにくくなります。

そこで皆さまには、
②ワクチン接種後も可能な限り他圏域への移動を自粛し、3密になる状況を避けること、多人数での会食、飲酒を控え、自宅での静かな食事、マスク着用、手洗い励行を続けて頂きたいと考えます。

ワクチン接種が人口全体の7~8割に達すると、集団免疫が働き、蔓延状態は落ち着くといわれ、その後は通常の季節性インフルエンザと同様な定期的ワクチン接種で感染コントロールはできるといわれています。

新宮地域でのワクチン接種は新宮市当局、新宮市医師会、新宮市立医療センターの協働作業で10月中旬を目処に完了する見込みであり、引き続き3部門協働でこの難局を乗り越えたいと考えておりますので、今しばらく皆さまの自粛をお願い致します。

新宮市立医療センター 院長 中井三量

新宮市立医療センターから新型コロナ関連のお知らせ

新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う入院患者さんへの面会禁止について

当センターでは、新型コロナウイルス感染症が全国的に流行していることから、
感染防止のため入院患者さんへの面会を禁止させていただきます。

  • 付添いなどで、やむを得ず面会が必要な場合は、1階の専用受付にて検温の後、受付票に記載して頂き、 許可証をお受け取りください。(37.5℃以上の発熱があった場合には、面会をお断りします。)
  • 新型コロナウイルス感染症について、ご心配なことがございましたら、厚生労働省ホームページをご覧になるか、新宮保健所接触者相談センター(0735-21-9630)にお電話にてお問い合わせください。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、みなさまのご理解、ご協力をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う里帰り分娩について

新型コロナウイルス感染症が国内で拡大しており、日本産科婦人科学会、日本産婦人科医会及び日本産婦人科感染症学会は帰省分娩を推奨しないとしています。

現在、緊急事態宣言が出されているなかで、当センターでは妊婦さんとお子さんを守るため、以下の条件のもとで分娩を行います。ご理解とご協力をお願いいたします。

  • 妊娠28週までに受診してください。
  • 当センターを受診する2週間以上前に帰省をお願いします。
    2週間以上経過し、健康状態に変化がないことを確認したうえで当センターを受診してください。
  • 帰省後は極力外出せず、毎日の体温測定や健康状態の把握をお願いします。
  • 発熱等の新型コロナウイルス感染症が疑われる症状がある場合は、最寄りの保健所にご相談ください。
    今後、感染拡大の状況により帰省分娩の受け入れを制限する場合がありますので、ご了解ください。

健診(検診)等の中止について

新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、人間ドックやがん検診等については新型コロナウィルス発生状況等を考慮し、当面の間は中止とさせていただきます。 皆様のご理解ご協力をお願いいたします。
※但し妊婦健診及び1ヶ月健診はこの限りではありません。
※子宮頸がん検診については、令和3年7月から開始いたします。

電話による薬の処方について (対象:診療予約のある慢性疾患の方)

新型コロナウイルス感染症が国内で拡大していることから、
当面の間、当センターへ診療予約されている慢性疾患の方(体調にお変わりのない方)を対象に、
令和2年5月7日(木)より電話による受け付けを開始いたします。

電話による薬の処方を希望される方は、
診療予約日3日前から前日までの午後3時から午後5時までの間に診療科へ電話でお問い合わせください(平日のみ)。

  • 当センターへお越しいただく必要はなく、薬局で薬を出していただけます。
  • 医師の判断により、電話による薬の処方ができない場合があります。

新宮市立医療センター:TEL 0735-31-3333

新型コロナウイルス感染症に関する手術前および出産前PCR検査に関するお知らせ

新型コロナウイルス感染症は、無症状ウイルス保有者あるいは潜伏期に手術や出産をした場合、肺炎の重症化や生命に危険を及ぼす可能性があります。

当院では、安全に手術・出産ができるよう、また新型コロナウイルス院内感染防止対策のため、全身麻酔手術を受けられる患者さんや出産をされる妊婦さんを対象に、手術前および出産前PCR検査による陰性確認を実施しております。

ご理解・ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

新宮市立医療センターから選定療養費のお知らせ

令和2年度診療報酬改定により、通常の診療費とは別に下記の金額の選定療養費をご負担いただくことになりました。
皆様のご理解をお願いいたします。

【開始時期】

10月1日

【初診時に紹介状をお持ちでない方】

医科 5,500円 歯科 3,300円
※子ども医療費助成制度、ひとり親家庭医療費助成制度をご利用の方も対象となります。

【再診時】

医科 2,750円 歯科 1,650円
※当病院から他の医療機関へ紹介を行う申し出をしたにも関わらず、
患者さんの希望で当院を継続受診する場合に受診の都度ご負担いただきます。

【初診時の選定療養費の対象とならない場合】
  • 救急受診した場合
  • 当病院で他の診療科を受診中の場合(医科と歯科は別)
  • 国の公費負担医療制度の対象者等
【その他】
  • ※市内に診療科のない脳神経外科、形成外科、呼吸器外科・心臓血管外科を除きます。
  • 内科、腎臓内科、循環器内科、脳神経内科の初診においては、
    原則として紹介状を持参された方のみとさせていただいております。

新宮市立医療センター医療業務課:TEL 0735-31-3333

  • 院長のあいさつ
  • 休診・代診のお知らせ
  • 医師・研修医募集
  • 嘱託職員募集

平成26年4月1日から敷地内禁煙になっております。ご協力お願いします。
患者さんに対するお電話での問い合わせにはお答えできない場合がありますのでご了承ください。

ページトップへ戻る